「シャッターをより安全にお使いいただくために」

 シャッターを"安全"かつ"安心"してお使いいただくためには、取扱説明書に沿った正しい"お取り扱い"と、日頃からの"維持・管理"が大切です。取扱説明書に記載されている注意事項をお読みいただいた上で操作していただき、お客様ご自身によるお手入れや日常点検とあわせて、専門メーカーによる保守点検を行っていただきますようお願いいたします。
 とくに設置してから年数が経過したシャッターをご使用されている場合は、部品が摩耗していたり、安全装置が未装着の場合もありますので、"日常点検"と"保守点検"をぜひ実施していただくとともに、安全装置を設置していただきますようお願いいたします。

続きを読む>>

TOPICS&NEWS

2016/10/13【協会情報】
鉛酸カルシウムさび止めペイントの廃止に関する情報を追加しました。
下記をご参照ください。

鉛酸カルシウムさび止めペイントの廃止について
2016/10/07【協会情報】
シャッターを安全に使っていただくための情報を追加しました。
下記をご参照ください。
安全と安心のご提案
  • 重大事故を防ぐために
    *事故事例-9 安全装置が装備できない古いシャッター(下部手動式)での重傷事故を追加
2016/07/01【協会情報】
シャッターを安全に使っていただくための情報を追加しました。
下記をご参照ください。

シャッターをより安全に使うために 安全と安心のご提案
2016/05/24【協会情報】
2016年5月24日の通常総会及び理事会により、協会の役員等の変更がありました。
「協会のご案内」「事業のご案内」をご参照ください。

協会のご案内 事業のご案内

バックナンバー

 

CAS認定書・CAS認定企業名一覧表